チャップアップ 悪化

チャップアップを使って悪化した例とは?

 

チャップアップを使って悪化したという方がヤフー知恵袋や2chで見かけることがあります。

 

それによると、1〜2か月ほどして逆に抜け毛が増えた、というものです。

 

これって、チャップアップの影響?

 

 

チャップアップがヘアサイクルに与える影響とは?

通常、健康な髪は2〜6年かけて成長し、生え変わります。

 

そのサイクルは、成長期⇒後退期⇒休止期となっています。

 

特に、休止期は成長が止まり、新たな毛髪の生成が始まるところで、それまで生えていた髪が抜け落ちるのを待っています。

 

そこにチャップアップを使用すると、成長を促進させるため、休止していた髪が抜け落ちていきます。

 

このような症状を初期脱毛と言います。

 

休止していた髪が抜け落ちるため、一時的に抜け毛が増えますが、抜けところから新たな髪が生えてくるため、いずれまた生えそろいます。

 

 

 

抜け毛が増え逆に悪化したと勘違い

チャップアップを使って悪化したというのは、ほとんどがこの初期脱毛の症状だと考えられます。

 

もちろん、中にはアレルギーで体に合わないという人もいるかもしれません。

 

しかし、もしアレルギーでなければ初期脱毛と思っていいでしょう。

 

ですので、抜け毛が増えたからといって使用を止めるのではなく、逆に続けることが重要となります。

 

 

 

初期脱毛以外に悪化する場合は?

チャップアップを使って悪化したとき、すべてが初期脱毛というわけではありません。

 

中には、体質に合わなかったりする場合があるからです。チャップアップは植物成分が多く含まれているため、人によってはアレルギー反応が現れる可能性も否定できません。

 

もし、抜け毛とともにかゆみや腫れが出てきた場合は、すぐに使用を中止して専門の医療機関で診てもらうようにしましょう。