チャップアップ 副作用

チャップアップの副作用について

チャップアップは天然素材のみの成分が配合されていますが、それでも副作用が起こったという口コミもちらほら見受けられます。

 

では、実際にどんな副作用があるのでしょうか?

 

1、初期脱毛

 

2、湿疹

 

3、かゆみ

 

4、ヒリヒリ

 

初期脱毛

初期脱毛とは、毛周期の乱れが正常になる段階で現れる症状です。チャップアップの使用により、毛母細胞の働きが活発になり、新たに生えてくる髪の毛の発毛が早まったために起こる現象です。

 

湿疹

チャップアップには自然由来の成分が入っているため、湿疹は本来できないと考えられますが、一人一人頭皮状態が違うため、中にはどれかの成分に対して反応してしまい、その結果湿疹ができてしまう人もいるのではと考えられます。

 

かゆみ

かゆみの原因は主に炎症や湿疹などが引き起こしていると考えられます。チャップアップには血行を促進する成分が含まれています。ジフェンヒドラミンHCには皮膚の炎症やかゆみを抑える働きがありますが、同時に血行促進効果もあります。この血行促進の方が強く反応してかゆみを引き起こす可能性も考えられます。

 

ヒリヒリ感

ヒリヒリ感があるということはアルコールが反応している場合が考えられます。チャップアップにはアルコールが含まれているため、もしかしたらアルコールがアレルギーになっている人もいるかもしれません。

 

 

このように、チャップアップ自体は自然由来の成分でも、人によっては何かの成分に反応して副作用が出てくる可能性があります。その場合は、すぐに使用を中断して医師に相談するか、あるいは販売元に連絡するようにしましょう。